ランナー膝 - 腸脛靭帯炎

query_builder 2022/10/05
ブログ
スクリーンショット (565)

< ランナー膝 - 腸脛靭帯炎 >


ランニングにより発生しやすい、

膝のケガの代表格が

ランナー膝(腸脛靱帯炎)です。


陸上競技のランナーに多くみられ、

Over Use(使いすぎ)により、

膝の外側にズキズキとした

痛みを感じるのが特徴です。

特にランニングにおいては、

着地時に体重の5倍ほどの負荷がかかる

下り坂を走るときに痛みが増悪します。


初期の段階では、

ランニング中に痛みが出るものの、

休むことで痛みは治まる程度ですが、

症状が進行すると

運動後も痛みを感じるようになり、

悪化すると慢性化して

日常生活にも支障をきたすので

注意が必要です。


原因としてランニングなどで

膝の屈伸動作を繰り返すことにより、

腸脛靱帯(ふとももの外側を走る靭帯)と

大腿骨外側上顆(膝関節の大腿骨の隆起部)が

擦れ合い、摩擦が起こることで

炎症が起こることが考えられます。


ジュドではランナー膝に対して

症状が強いものに関しては

運動制限が前提にはなりますが、

手技療法(マッサージ)だけではなく

最新医療機器物理療法アプローチで

超音波療法<Ultra Sound>

立体動態波<3D VOLT>

Medicell - 筋膜リリース

を使用することで

早期治癒、早期スポーツ復帰の

サポートをさせていただくことができます。


お困りの方はジュドまで

ご相談ください^^

NEW

  • 各種症状とマッチアップ

    query_builder 2022/12/03
  • オーダメイド整体

    query_builder 2022/12/02
  • 交通事故

    query_builder 2022/11/30
  • 強もみ

    query_builder 2022/11/26
  • 寒くなると

    query_builder 2022/11/25

CATEGORY

ARCHIVE